ねずみのまちの音楽隊

安城市鍼灸マッサージたかはし 治療院&子育て主婦 の日常

自然体の歪み

 

 

 

歪みはなぜ正さなければいけないのでしょうか?

「歪み」を多くの人が悪いものと認識しているからです。

 なぜ歪みが悪いものと認識しているんでしょう?

悪いものとして認めているから、歪みを直そうとしています。

 

同義語反復という言葉を知ったので使ってみたくて。

色々考えてたらわからなくなってきた。使い方合ってる?

--------------------------------------

 

1~2週間に一度の間隔で定期的に施術をさせてもらっている方が

います(Aさん)。主に腰の状態が不安で、ぎっくり腰などになると

怖いので予防にという希望です。

 

骨盤の状態も毎回施術前にみせてもらっていますが、

特に症状がないときは「左がやや高い」状態になっています。

 

風邪気味、肩、腰の違和感などなにかしら不調があるときは

いわゆる「歪みが無い」状態がみられました。

 

そんなことが数回続いて気付きました。

Aさんにとっては「左がやや高い」のが自然で一番良い状態、

「不調がなく動きやすい身体」ということです。

 

f:id:harikyu-takahashi:20180223094743p:plain

-----------------------------------------------------

私が勉強していて、施術でもつかっている「活法」の世界では

「超自然体」という考え方があります。

 

超自然体というのは「何をしても大丈夫」という状態をいいます。

歪みが無い・左右対称・脊柱のカーブという見た目の姿勢が完璧

な体を指すのではありません。

 

歪みが無い、いわゆる理想の状態の人なんてほとんどいないよね~

ぐらいは考えてましたが基準が「歪み」では無く

「何をやっても大丈夫」という動きをみるというところに

最初は驚きました。(もっと奥は深そうだけど簡単に。)

 

--------------------------------------

 痛みや違和感、日常生活や必要な動作で支障があるのかどうか

これを重要視するので、生活環境も仕事も色々あることを考えると

人によって「良い状態」というのが違うということになります。

 

腕があまり上がらないんだけど特に気にならない

という方もいらっしゃいました。肩関節外転90度。

腕を外側に真横にまでしか上げられない状態です。主訴は別。

 

主訴に対して施術をしたところ、主訴の痛みも軽減し

腕も110度くらいまで上がり、わ~肩軽い!とおっしゃっていましたが、

その方にとっては元の腕が上がらない状態は問題では無いのです。

不便でもないとのことでした。

 

人によって良い状態が違うという考えがなかったら

主訴がゼロになったとしても、腕はきっちり上まで上がるのが普通だという

私基準により、腕を上げることに執着してしまったかもしれません。

 

f:id:harikyu-takahashi:20180207162759j:plain

 ---------------------------------------------

私姿勢が悪いから・・

骨盤が歪んでるといわれたことがある・・

という方はとても多くいらっしゃいます。

とにかく多いので、歪んでると言われるのが普通、と思ってもらって

大丈夫と言えるくらいです。

 

「歪み」という考え方から一旦離れて

「動きのスムーズさ」

にも目をむけてもらえたらなと思います。

 

-----------------------------------------------------------

 

* 初回はぎっくり腰の手前くらい、何とか動けるけど痛みが強い

という症状で、その時は「左が大きく高い」状態でした。

 

 

 

 

 

 

 

安城市の鍼灸マッサージたかはし マタニティ 頭痛 めまい 肩こり      お問い合わせは 090-9901-7673