ねずみのまちの音楽隊

安城市鍼灸マッサージたかはし 治療院&子育て主婦 の日常

西太后の不老術

 

歴史というよりも歴史上の人物がどのような生涯を生きたのか

それに興味がある。というか単純に好き。

だから政治上の事や○○の戦いなどが時系列で頭に入らないんだと

最近自分で気付いた。

 

一人の人間が、どんな立場に置かれ、どんな状況に直面しどの様に考えて

生き抜いていったのか。どんな人物だったのか。

 

f:id:harikyu-takahashi:20180725051843j:plain

 

西太后】【不老術】どちらの言葉にも惹かれて手に取った。

パラパラとみて漢方についての本とわかってはいたが、

不老術=呪術、オカルト的な内容、正気の沙汰じゃない美容法があったとしても

どんな思いでそれらに頼ったのか、西太后の気持ちに近づけるような気がして

読んでみたいと思った。

----------------------------------------------------

 

昔あった映画から、 西太后=残酷な人 というイメージしかなかった。

長い間清王朝に君臨した人だから、まあなんでも自分の思うままにでき

あらゆる贅沢を楽しんだのでは、気の強い我儘な人なんだろう、

という短絡的な想像しかしていなかった。

 

権力をもち、思うがままにできたはずとはいえ、

ストレス、運動不足、美食(栄養過多)な生活は想像できる。

それなのに長生きをし精力的に仕事をして、美貌も保っていたとか。

 

漢方が中心として東洋医学の内容が主に占めている。

基本的な内容なため読み進めやすい。

漢方薬がどんな症状に用いられたのか、診断方法、処方、食事について詳しく述べられている。本の趣旨は漢方的アンチエイジング。(裏表紙の言葉。)

私は、カルテを紐解き西太后という人物に迫る、いう趣旨に勝手に転換したけど。

 

f:id:harikyu-takahashi:20180226085708j:plain

-----------------------------------------------------------

 

目障りな女性を井戸に投げ込んだとか、政治での対処など残酷なことを

してきたことは事実だ。ただ、「非日常の事実」。

その非日常の事実が映画では描かれるしイメージとして定着する。

 

非日常以外(日常)を知りたい。その人の素顔がわかる気がする。

意外な一面が出そうな気がして来る。

 

西太后も重い更年期障害の症状に悩まされていたという。

夜ぐっすり眠れない、消化が進まない、健忘、めまいなど・・。

体調を知るって共感ができる度が高いんだ!と実感した。

一気に一人の人間であると思わされ、近づく。

 

体調から想像できる性格もある。↓↓

ibs-nagoya.jp

 

石田三成が近づいた!

 -------------------------------------------------------------

 

なぜ知りたくなるんだろう。

歴史上の人物の生き方や政策や遺した物を知ることは

自分の人生の糧になる、と学ぶ姿勢の人も多いと聞く。特に経営者の方なんかは。

 

私の場合は単に知りたいという興味。

そんな中から、芯の強さや努力など知って尊敬の念を持つ事もよくあるので

学んでいるともいえるかもしれない。

 

数百年も前に生きた人たちが、同じ景色を見ていたんだろうなあと思える場所はやはり好きだ。

 

f:id:harikyu-takahashi:20170606201948j:plain

 

じゃあ【今】周りにいる人たちを知りたいと思うのはなぜだろうと考える。

家族や友人、知人、最近知り合った人たち。

良い関係を築きたい、そのために相手を知って理解したい、と

本能的に思っているのかもしれない。

 

 

 

 

安城市の鍼灸マッサージたかはし マタニティ 頭痛 めまい 肩こり      お問い合わせは 090-9901-7673