ねずみのまちの音楽隊

安城市鍼灸マッサージたかはし 治療院&子育て主婦 の日常

ばね指の症例 整動鍼 

 

2018年6月 30代女性

【症状】

左親指が曲げられない 

一か月前から、親指の関節(爪に近い方)がまったく曲がらなくなり

物をつかめなくなった。腫れや痛みはないが日常生活に支障をきたしている。

 レントゲンも撮ったが骨折などの異常は無いと言われた。

 

【治療経過】

ばね指の症状が出る1週間前にひどい首の寝違えをした。

3週間ほど首に違和感が残るほどだった。手首からの関連なども確認して、指を曲げる動きに関係する背中のツボに鍼をした。

初診 

刺鍼した状態で親指の状態を確かめてもらうと、最初はプルプルしながらも

曲がるようになった。他の4指で軽く親指を中に入れて握れるくらいに変わった。

少しツッパリ感が残るものの、大きな変化が得られたため初診はここで終了とした。

 

2日後に連絡をしたところ「施術後からさらに指の動きがスムーズになってきました。少しカクカクが残っています。」とのご報告。

 

 2診(初診から1週間後)

ほぼ、普通に親指を中に入れてグーができるようになっており、動きもスムーズなっていた。突っ張るような痛みと、カクカクが少し残っているとのことで、再度関連するツボに刺鍼。同じように何度か曲げ伸ばししてもらうと、痛みが消えた。

カクカク感も減少。少し残ってはいるが、日常生活には問題ありません、という状態にまでなったため終了した。

 

【効果のあったツボ】

L T1(1)  T1(2.5)

 

【考察】

小さいお子さんがいらっしゃり、抱っこも多く首や肩甲骨、背中に負担が多かったためひどい寝違え、ばね指の症状が現れたと思われる。

症状が出ている場所ではなく、毎日の生活で負担となっている動きなどから考えられる場所へ施術する事で、少ない鍼・回数で改善した。

 

 

 

f:id:harikyu-takahashi:20180702160958j:plain

 

 ※結果には個人差があり、効果効能を保証するものではありません。

 

安城市の鍼灸マッサージたかはし マタニティ 頭痛 めまい 肩こり      お問い合わせは 090-9901-7673