ねずみのまちの音楽隊

安城市鍼灸マッサージたかはし 治療院&子育て主婦 の日常

どんな時に鍼灸を受けるの?どんな症状で治療院へ行くの?1

 

 

開業してから今まで、どのような方が来院されているのか数字で表そうと思い

カルテを遡っています。

 

まずは年代別。

30代の方が断然に多い。

次いで20代、40代。

その次に50代。

 

内訳も調べ中ですが、

30代、20代の方は主に妊婦さんですね。

40代、50代は美容鍼(昨年6月で受付を終了しています。)と

複数の症状(更年期障害 不定愁訴症候群)。

 

わかってきたこと。(もう少しで全部調べ切ります。そしたら数字に・・)

 8~9割の方が「冷え性」だと記入されている。

 8割の方が鍼灸が初めて。

ぎっくり腰などの腰痛、 膝の痛みの方は少なめ。

妊婦さんの腰痛は多い。

 

首、肩、腰、股関節 頭痛 めまい 胃腸 などの症状、

または様々な症状があり、病院で検査をしたけど何も原因が見つからず

日々なんとか過ごしている という方がとても多い。

自分の体なのに何かがおかしい。という方も。

 

運動器系か内蔵系かと言われたら、迷わず内蔵系の症状の方が多く

来てくださっています。(妊娠中の方は除いて)

 

f:id:harikyu-takahashi:20170726202814j:plain

 

----------------------------------------------------

私が鍼灸院に行こうと思う時ってどんな時かな・・

鍼灸師になっていない頃の自分を思い出し考えてみました。

 

寝違いの時は?

鍼はとても有効です。施術を受けていただくととても早く改善します。

・・ん~でも行かないかな。ほっとけば治る症状なら、早く治るって言われても

行かないかな。一度横になったら自分で起き上がれないくらいの重症か、1カ月たっても症状が変わらないのだったら行く。

 

生理痛

鍼灸施術はとても有効です。

・・行く。毎月来るものだから、ずっと薬を飲み続けるのも避けたい。

 腰痛

鍼施術はとても有効です。

ぎっくり腰か、お仕事や趣味のスポーツに支障がある程度なら行く。

 

f:id:harikyu-takahashi:20171004180111p:plain

 

どんな症状の時に行くか?より

どの程度なら行くか?に焦点があっています・・。

------------------------------------

 

なぜ考えたの?

 

私は鍼灸師になる前に鍼灸院に行ったことがないし、

鍼灸施術も受けたことがないからです鍼灸施術を受けて感動した経験をもたずに

鍼灸師への道を進みました。

家族など身近な人でも鍼灸院に通っている人はいませんでした。

 

(なぜ鍼灸師になったのか?ここでは簡単に。

自分の手で何かをしてあげられる、というところがとても魅力的だったからです。

 

鍼灸施術を受けたことのない方はまだまだ多い。

そのような方が、鍼灸を症状改善の手立ての候補の一つにする時って

どんな時かな、と鍼灸を知らない頃の自分に戻ってみました。

 

f:id:harikyu-takahashi:20170523085942j:plain

戻りすぎ。

--------------------------------------------------------

 

今では鍼灸施術を仕事とし勉強も続けていて、

当然のように鍼灸の有効性を知り、発信しなければ!と思っています。

 

 が、気を付けないと

「既に知っている人が発信する」のは、(鍼灸にかかわらず)

受け取る側の気持ちを疎かにしていたり

言葉が足りない部分などが出てきてしまいます。

 

鍼灸を全く知らない人からしたら、、

それが知りたいんじゃないんだよ!というすれ違いだったり

それは心に響かないなあ。。惹きつけられないなあ・・

という所があるんじゃないかと。

 

じっくり考え、見直し中です。

 

f:id:harikyu-takahashi:20160913075923j:plain

 

 どんな時に鍼灸を受けるの?どんな症状で治療院へ行くの?2 へ続きます。

 

 

 

安城市の鍼灸マッサージたかはし マタニティ 頭痛 めまい 肩こり      お問い合わせは 090-9901-7673