ねずみのまちの音楽隊

安城市鍼灸マッサージたかはし 治療院&子育て主婦 の日常

整動鍼 症例 腕が上がらない

2017年10月 安城市 50代女性

  

主 腕を上げるのが辛い

他 鼠径部痛 肩こり

 五十肩の残りのような症状があり当院へかかられたことのあるご家族のすすめでご来院。

 2年ほど前に五十肩(特に左の症状が強かった)。半年で痛みはひいたものの、両腕を上げるときに辛い。特に右が上がらず、外転90度程度。鼠径部の痛みは一か月前から常にドンとした痛みが続いている。 

 

 経穴(主なもの)

 

申脈 曲泉 承山 足太陽 T2(1) T3(1) T5(1) 全てR

恥骨導引  骨盤回し

 

経過

初診の際には右腕を上げるときの痛み(外転80~90度)を強く訴えていたが、左も外転100度程度と上がらなかった。

背中全体がかたく、また肩甲骨のあたりも凝る感じがあるということで背中全体をゆるめる施術をした。

他に肩関節 脊柱 股関節の連動を整えるツボに鍼をした。

 

訴えの強い右のほうが硬さなどの反応もあり、右を中心に施術をしたが、施術後左の腕も上がるようになっていた。左右ともにほぼ真上まで上がった。

痛みが出ない程度までは日常でも動かしていただくよう伝えた。

そけいぶ痛については、何をしていなくても常にドンとした痛みがある。原因は特に思い当たらない。下腹部、恥骨に関係するツボと活法をした。

 

2診目(2日後)再発は無いことを確認(腕・鼠径部)したが、背伸びして手を伸ばして上にあるものを取る時に痛むことに気づいた。背伸びをしなければ、腕を上げても痛くない。

背伸びをして物を取る時は、ふくらはぎに力が入ったり、首を傾けた姿勢になることを参考にし、首のあたりが硬さがあるところをとるツボ(背中)に鍼をした。

施術後痛みが無いことを確認。

 

 

 

まとめ

側のツボをとることはなかったが、左右ともに改善した。

右が大きく動かせるようになったことで、背中や脊柱の動きもよくなり左側へも良い影響を与えたのではないかと思う。

日常生活での支障をひどく感じるほどではなかったが、施術後から痛みがでない無理のない範囲では動いていただけたこと、初診から2日後に2診目に来ていただいたこともよい方向へむかう助けになったと考えられる。

 

f:id:harikyu-takahashi:20171101145411p:plain

 

 

 

 

 

安城市の鍼灸マッサージたかはし マタニティ 頭痛 めまい 肩こり      お問い合わせは 090-9901-7673