ねずみのまちの音楽隊

安城市鍼灸マッサージたかはし 臨床&お灸教室&子育て主婦 の日常

【自分はちょっと特別】という気持ちも特別じゃない。

 

ジャムの研究に触れた内容のエッセイを読み

研究内容に興味を持ち

 選択の科学(シーナ・アイエンガー)   を読んだ。

 

広く知られている研究で、本も有名らしいのですでに

読んで内容を把握している方も多いかと。

( ジャムの研究=豊富な選択肢は必ずしも利益にならない)

 

f:id:harikyu-takahashi:20170621124733j:plain

 

ひたすら実験の結果と考察が述べられ、

 

それが自己啓発や啓蒙書ではないということと

その実験がとても身近な状況の中で進められているため

自分に置き換えた場合が想像しやすく

興味をもったまま一気に読み進めることができた。

 

 ・・一気に読んだけれど、これは一気に読むものじゃない気がする。

 

【選択】についてこれだけ考えたことは初めてだ。

-----------------------------------------------------

 

第3講【強制された選択】から

 

上手に要約できないので、(主に見出し)羅列。

・人は自分が思うほど他人と変わらない

・誰もが自分は個性的だと思い込んでいる。

・人はそのほか大勢とみられることに我慢できない

・自己認識を錯覚で変えていく

・他人にどう思われているか

 

・・・読んでいる最中

SNSでの【意識高い系】という言葉がよぎった。

 

f:id:harikyu-takahashi:20170621124929j:plain

 

 

自分の本当にやりたいことを見つけたい

自分に合った仕事をみつけたい

自分らしさをだせることは何か

自分が輝ける場所

 

そんな言葉をよく聞く。

 その考えも、「強制された選択」なのではないかと気づく。

 

自分はこういう人だからこれは向いている、向いていない

 

【自分が思う自分】【他人から見た自分】大きく違うという事実

からしたら、これは知らないうちに自分で選択を狭めているといえるのかも。

 

f:id:harikyu-takahashi:20170606201314j:plain

---------------------------------------

 

どの分野でも

いわゆる成功している人、と周りから認められているような人が

【私には特別なセンスや能力があるというわけではないので

人一倍努力した】

と書いている文章をよくみる。

 

 

 あなたに特別なセンスや能力がないといったら、

まったく凡人の私はどうしたらいいのか?

私のセンスはミジンコ程度!

そんなこと言われたら希望なくなるじゃん!

才能あるって言っちゃえばいいじゃん!

と思ったことも何度もある。

 

 

でも、そういう人たちは

 ただ頭がいい、センスがある、才能があるというわけじゃなくて

心の底から今いるその世界が好きなんだろう

と最近思えるようになった。

 

その世界を大好きで、面白いと感じていて

新しい発見に心が躍り感動し、

そしてさらにそれが人の役に立てるとなればとても幸せなことだ。

 

という気持ちが力になって突き進んできたのだろうと。

 

f:id:harikyu-takahashi:20170608105522j:plain

 

 そこに、今の環境を選択したことが正解なのか、間違いなのか

という迷いは存在していない。

 

 

今の環境が

望んだとおりの環境でも

うまく行かなくてそうなってしまった場合の環境でも

これからの選択の積み重ねで変わるのかもしれないと考えると

未来は広がる。

 

 

VIVA  鍼オタク ♡ 灸オタク♡

 

 

 

 

 

広告を非表示にする
安城市の鍼灸マッサージたかはし マタニティ 美容鍼 痛みと動きに お問い合わせは 090-9901-7673