読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねずみのまちの音楽隊

安城市鍼灸マッサージたかはし 臨床&お灸教室&子育て主婦 の日常

鍼灸の治療方法は受け手には関係ないのか 考えてみた

 

 

 

先日

 

「 鍼灸マッサージ治療には色々な方法があるけれど

患者さんにとっては関係がない。

中医学とか経絡とか。。

治してもらえればそれで良い。

治療をする側のスタイルは必要だけれど

患者さんには関係ない。 

 

 

といった意見をみました。

 

 

患者さんに関係ないの???!!

 

 

 

--------------------------------------------------------------------

f:id:harikyu-takahashi:20160913075923j:plain

 

例えば、

鍼灸治療ならどこでも同じと思って治療を受けたら

とても強刺激の、痛い鍼だった。

で、治った。

 

という場合、

 

もしまた何か症状がでても、

あの痛い鍼を我慢してもいいと思えるほどの辛い症状じゃないと

もう鍼灸は受けない。私なら。

 

(もう少し辛くなるまで様子みるか薬でなおるなら薬飲んじゃうな~)

 (鍼1、2本の軽い刺激で治るなら鍼がいい)

 

 

鍼灸治療=痛みを我慢するもの

という図式のみしかなくなる。

 

 

もちろん治ればなんでもいいという人もいると思うけど

そうでない人も確実にいる。。

 

 

スパッと痛みを短時間(刺激はなんでもOK!)で治したいという人も

リラックスも目的として身体も心も緩むのを感じながら

ゆっくりと受けたい人もいる。

 

 

 治療法も様々、受ける側も様々、なはず。

 

 

harikyu-takahashi.hatenablog.com

 

--------------------------------------------------

  

もちろん刺激量、痛みだけじゃなくて、

経絡、中医学とか、トリガーポイントとか、

治療法の視点を説明することも意味があると思う。

 

なぜそのツボを選んだのか、などについて説明することは,

患者さんの不安や疑問を無くしてくれます。

 

何をどうしてなんで??と

何をされているのかわからないほど不安なことはない。

 

実際によく

「そこは何に効くツボですか?」

「どうしてそこに鍼をするのですか?」

と施術中に質問を受けます。

 

・・質問受ける前に説明しよう。

 

 

説明することが

鍼灸で治った~すご~い!」「不思議~!」

という超常現象のような印象を乗り越える。

 

--------------------------------------------

 

 色々病院へいったり、民間療法など試したけど・・と

鍼灸が最後の砦くらいの気持ちで来る方も多い。

 

鍼灸は最後の砦というほど遠い高いものではなく、

 

日常の気になる痛みや辛さ、悩みにも十分応えられ、

思っているより気軽に受けてもらえるもののはず。

(やっぱり痛いんでしょ?ちょっと怖いけど・・という方が多いので。)

 

 

 鍼灸治療にも色々あることを知って、選んで受けていただきたい。

 

 

そんな意味でも、治療方法や考え方を

提示したり説明することは意味があると思うのです。

 

 

 

harikyu-takahashi.hatenablog.com

 

 

 

--------------------------------------------------

 

【〇〇治療】 といえば、

 

=どんな症状が得意なのか?

どのような視点から考えているのか?

刺激量は?

 

とかいうのがすぐわかる!

 

というほど鍼灸治療についての理解が広まればいいなと思う。

 

 

kappolabo.jp

 

 

 

安城市の鍼灸マッサージたかはし マタニティ 美容鍼 痛みと動きに お問い合わせは 090-9901-7673