ねずみのまちの音楽隊

安城市鍼灸マッサージたかはし 臨床&お灸教室&子育て主婦 の日常

子どもの誕生日

 

 

 今月に誕生日がきて、

長女10歳になりました。

 

 やっと二桁になった!という喜びの声。

 

(もう2週間も経とうというのに、

欲しいプレゼントが特にない、でもなんか欲しい・・

と決まりません。)

 

 

f:id:harikyu-takahashi:20170320225213j:plain

 

----------------------------------------------------------

 

最近

ドラえもん「しずかちゃんの結婚前夜という映画の

感動部分がテレビでやっていた。

 

 

しずかちゃんのお父さんの言葉。

  

「こんな広い宇宙の片すみに、ぼくの血をうけついだ生命が

いま、生まれたんだ。それからの毎日、楽しかった日、みちたりた

日日の思い出こそ、きみからの最高の贈り物だったんだよ。」

 

 

この言葉がすべて!

 

 

自分の血を継いでいる子が生まれ、

今目の前ですくすくと育っている。

 

お腹に宿ったすぐの

だるまさんのようなエコー写真からずっと

かわいくて、不思議な気持ちが続いている。

 

f:id:harikyu-takahashi:20170310230830j:plain

※お借りしました。

 

 

そして、書類などに子どもの名前を書くたびに

自分が親だと、親になれたことを実感し嬉しくなる。

 

そんな気持ちをもう10年ずっと感じていたんだな

と改めて思う。

 

 

-------------------------------------------

 

治療院で妊婦さんに施術をしていると、

胎動が大きくなることがよくある。

 

お腹がもこもこ動いたり

時にはポンと蹴ったのがわかる。

 

今なにを考えているんだろう。

もう一人の人がお腹にいるのが不思議でたまらない。

 

この子が生まれて、オギャーって泣いて、

寝返りうってハイハイして立って・・育っていくことも

考えるとまた楽しみだったり

やっぱり不思議だったり。

 

いつもいつもそんな気持ちになる。

 

f:id:harikyu-takahashi:20161003134524j:plain

 ------------------------------------------

 

お灸講座では私より年上の受講者さんも多く

色々な面で教えていただくことも多い。

 

最近お話ししていて印象に残っているのは、

 

「写真は、子どもが二十歳になっても撮るわよ。」

 

 ・・言われてみれば、

 

赤ちゃんのうちだけだよね~こんなに写真撮るのは。

 

と思っていたけれど

 

小1と小4、すでに赤ちゃんじゃないけど、

なにかとパシャパシャと撮っている。

 

そうかそうか、

自分の近くにいてくれる間、

ずっと撮り続けるのかもしれないね。

 

f:id:harikyu-takahashi:20170130091653j:plain

 

 

 

広告を非表示にする
安城市の鍼灸マッサージたかはし マタニティ 美容鍼 痛みと動きに お問い合わせは 090-9901-7673