ねずみのまちの音楽隊

安城市鍼灸マッサージたかはし 臨床&お灸教室&子育て主婦 の日常

私のとってのこの仕事

 

思うところ、思わされたことがあったので。

 

 

今までお仕事を一緒にさせていただく場合、

鍼灸マッサージ たかはし】

という名前を出させてもらって

 

時間、料金、、内容、どんな状態ですすめていくのか、告知内容

色々話し合って決めていました。

 

 

私から何も言わなくても、

全てにおいて私に相談や確認をして下さっていました。

そして私も相談、確認をしていたので

お互いになんですが、それが普通だと思っていました。

 

それが、カルチャーセンターさんなどの会社であっても

ママサークルさんであっても。

 

今までとても恵まれた環境を与えてもらっていた

 

ということに最近改めて気づきました。

 

 

 

鍼灸師が行う鍼灸治療は、鍼灸師ならだれでも同じ、というわけではありません。

 

私が施術をする、ということを、とても大事にしてもらっていたのだ

ということを本当に最近気づき、

 

今までご縁があった方、継続中の方々にも感謝しています。

 

 

 

もちろん私が!私が!というだけではダメだし、

鍼灸師=国家資格 ということにあぐらをかいているつもりはありません。

 

ただ、

3年間という学生の期間と、国家試験を受けて通ることで

一定の知識や技術だけでなく、

 

安全な施術ができる、

危険の回避ができる(どんなことが危険か知っている)

(本来なら事故はあってはいけないことですが、保険にも入っています。)

という保証をされています。

 

責任をもってしています。

 

(立派に書いてみましたが、鍼灸師なら当たり前のことですが、

まれに

「箔をつけるために国家資格をとったんでしょ」

と言われたり、

ツボの勉強くらいしか思われてなかったりするので。)

 

 

(効果や結果がだせるのかどうか、

どんな症状についての治療が得意とかというのは

もちろん鍼灸師それぞれによるところが大きいです。)

 

 

-----------------------------------------------------

 

自分の名前を出して施術するというのはどういう事なのか、

どれだけの責任を持って、

どんな気持ちをもって、

やっているのか、

これを伝えることはとても大切だし、

 

 

一緒にお仕事をする場合、

 

私も相手の方が何を求めているのか、

どんな気持ちで一緒にお仕事をしようと思ってくれたのか

 

 

そういう事をお互いにきちんと話し合い、

尊重しあうことがどれだけ大事か、と

 

と最近とても感じさせられました。

 

尊重していればそんな条件だせないよね・・とか。(お互いにね。)

 

 

 

今のところ、私は、

「誰がやっているのかわからない鍼灸 = 誰でもいい」 をする気がない、

という自分の気持ちに気付きました。

 

 

 

(もちろん雇用関係があるとかで、

その会社の中で一定の研修ややり方を学び、

同じ効果がだせるようになってる場合とか、

ボランティアとか、そういうのは別です。

でも無責任じゃないですよ、もちろん。

あ、雇用関係がある場合、何かあった時の責任は雇用主になっちゃうとかはあるのかな?)

 

 

-------------------------------------------

 

 

相手を認める、というのは

一緒にお仕事をする時点で当たり前のこと

 

(そもそも相手を認めるってどんな目線なんだ・・)

 

尊重し合える、というのが大事なんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする
安城市の鍼灸マッサージたかはし マタニティ 頭痛 めまい 肩こり      お問い合わせは 090-9901-7673