ねずみのまちの音楽隊

安城市鍼灸マッサージたかはし 臨床&お灸教室&子育て主婦 の日常

たまには自分の写真を撮ってみたほうがいいワケ

 

 

普段、写真をとりません。

 

ガラケーなので写真をとるのがなんだかおっくうなのと、

きめ顔で自撮りをするキャラでないのを自覚しているのと、

 

家族でも子どもたちの写真はたくさん欲しいし見ていたいけれど、

自分はそんなに写ってなくてもいいな・・と思うので。

 

 

家族で遊びに行ったときは、夫が写真を撮っているのですが、

私の

なんとなく後ろ姿、

なんとなく子供たちと話している姿

が入り込んでします。

 

 

それを久しぶりに見て愕然とした話。

 

 

美容鍼で来院される方が多くお話しされるのは、

「写真で見た自分と、鏡で見た自分が違う。」

ということ。

 

それほど誰も傷つけず、わかる~、クスッと笑える感じだと思って、

ちょくちょく話していましたが、

 

これ、自分が実感すると笑うどころかショックですね。

 

これが私ですか?

私の後ろ姿こんなんですか?

肩も足もお尻もムチムチじゃないですかっっ??

 

認めたくない気持ちで、何枚も写り込んでる写真を探しました。

 

f:id:harikyu-takahashi:20160818001340j:plain

 

 

美容鍼で治療院へ来て下さる方は、

しわが、たるみが、と気になることを話してくれますが、

そう??そんなに気にならない、きれいだと思います!!

という方ばかり。

 

でも

ほんの少しの変化が、本人にとっては大問題なのだ

ということはこういうことなんだと実感しました。

 

 

他人から見たら些細な変化でも、

本人にとっては大問題。

痛みじゃないからいいじゃない、というのとは別。

 

なんとかしなければ!!

という気持ち。

きっとこれなんですね。

 

なんとかしなければ~~!!

今すぐに。

 

痩せるツボ、知りたいです。

(お灸講座でだいたい質問されます。)

 

 

 

 

安城市の鍼灸マッサージたかはし マタニティ 美容鍼 痛みと動きに お問い合わせは 090-9901-7673