読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねずみのまちの音楽隊

安城市鍼灸マッサージたかはし 臨床&お灸教室&子育て主婦 の日常

療育3


3年前の内容です。

キトリ 花 キトリ 花 キトリ 花 キトリ 花 花

療育は、最初のうちは、

子供に対して
言葉を話すように教えてくれるところ

落ち着きを持たせてくれるところ、

と思っていました。受け身のみ。

でも違いました。

子供とのコミュニケーションの取り方、声のかけ方接し方、
そういったことも教えてもらうところでした。


療育のパンフレットに書いてありましたが。。

公園で話したママの中に、
数人「うちも療育行ってたけど、
行ったからどうこうなるわけじゃなかったよ」
という方がいました。

その方たちも、私が最初思っていたように受け身で考えていたんだと思います。


療育に通い始めた頃は、子供が順番を待てなくてひっくり返っても
お腹が減って泣いても、その様子を眺めたり(泣いている顔が可愛い)
するだけで、声をかけていませんでした。


声をかけたところで、子供は理解できないだろうという思いも
ありました。

あと、話せる言葉が増えた、理解できる言葉が増えた、そのことばかり

気にしていました。

でもアドバイスをいただき、具体的に

「隣のこの赤い服着たお友達の次だよ」とか、

「あのお友達のシールは緑色だったね、○○ちゃんは何色かな、楽しみだね」
出来たら、また具体的に褒める。

常に声をかけ続けるようになり、子供もちょっと照れたように嬉しそうな顔

を見せてくれるようになりました。


今では、声をかけ続けなくても、座って話をきけたり指示に従えたり、待てたり。



もちろん活動の流れは大体決まっているので
「慣れ」もあるとは思うんですが、

毎日の生活の中で、

「順番」を理解し待てる、


選択できる例:ドーナツかシュークリームどちらか一つを選ぶことに納得できる)


色々なことを褒めてニコニコし合う、

私の怒る回数が減る、

など療育での活動が
とても助かっています。



親も子も成長させてくれる場でした。
とても感謝しています。


安城市鍼灸マッサージ たかはし

ホームページ

メニュー

お問い合わせ

【電話】  090-9901-7673
【メール】 thiroko3@yahoo.co.jp
【診療時間】 AM9:00〜PM6:00

【定休日】 日・祝日(土曜は応相談)

鍼灸あんまマッサージ指圧師 国家資格保持者です。
鍼灸施術を受けるに当たり、分からない事、心配なことなど
なんでもお気軽にお問い合わせください。




広告を非表示にする
安城市の鍼灸マッサージたかはし マタニティ 美容鍼 痛みと動きに お問い合わせは 090-9901-7673