読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねずみのまちの音楽隊

安城市鍼灸マッサージたかはし 臨床&お灸教室&子育て主婦 の日常

産科の鍼灸治療症例

1999年に発行されたものを読みました。


鍼灸って何がいいって、
昔でも今でも通用すること。


病院の手術となると、
きっと数年前より患者さんに負担のない
より良い方法とかきっとでてきているだろうし。



月経痛、妊婦さん、逆子、陣痛誘発、腰痛 などの症例です。


ざっくばらん? 親しみやすい文章でした。





施術を受けた側の、感想、感じ方、
施術した側の気持ちも
そのまま書かれていて参考になりました。





わからない、
たぶん〜でしょう

という言い方って自信が無い様で ダメな感じがしていましたが。
そうでもないんですね。



↓↓(文章そのままではないです)
は筆者の気持ちばかり挙げましたが




・色々な場所に鍼やらお灸やら皮内鍼をしてしまったので、
どれが効いたのかよくわからなかった・・けど本人が
良くなったと言っていた。○○が効いたらしい。


・これがポイントだったかもしれない
ただ全く印象のみであり、何の裏付けもないけれど
情報として意義があると思い報告とした。


・恥ずかしいが脈診がほとんどわからないし、
どれだけ
意義があるのかわからないが、
妊婦さんの脈だけは
わかるようになってきて、そうなると
何となく【大切な事なのか】と思えた






必要な基本情報はもちろんきちんと書いてあるんです。
受ける方の年齢や体重、初診の状態 治療内容 など。



それ以外に
筆者がこの患者さんについて感じたこと、思ったこと
本当ににわかりやすく書いてあり、

そして上記のように筆者自身の気持ちが
取り繕わず書いてあったのが
とてもよかったです。

厳格な、もっときちんとした・・
症例報告の場ではどうかはわからないのですが、


私にとっては


その文章があることで、
よりその症例がわかりやすく感じました。

読んでて楽しいし。。ハート

広告を非表示にする
安城市の鍼灸マッサージたかはし マタニティ 美容鍼 痛みと動きに お問い合わせは 090-9901-7673