ねずみのまちの音楽隊

安城市鍼灸マッサージたかはし 臨床&お灸教室&子育て主婦 の日常

子育て本


初めて「子育ての本」
を選びました。

訳あって・・身内のために・・
本屋さんに探しに行ったんです。


そこで選んだのが2冊。

一冊は↓↓



少し読んでみて、
子供を4つのタイプに分ける・・
ってところで、

子供なんてたくさんいるし4つのタイプに分けられてたまるか〜
なんて思っていたら、

1つのタイプにピッタリすぎる子が
その身内にいたもんで・・。

笑いをこらえるに必死。

このタイプの子が望む環境
好きじゃない事


↑たぶんこんな感じだったと思う。

自分の子や他の子のことも考えてみたけど、
あ〜あ〜けっこうそうかも〜
と楽しく読めそうだったので決めました。



もう一つは
コーチングの本。

(よく見たら1冊目もコーチングって書いてあったわ)

それも少し見ただけですが、
親の声のかけ方について書いてありました。

魔法の言葉・・じゃなくて。。かけ方。
逆に声掛け無いとか。。うーん、なんか上手く言えない。

それでふと思い出したのが、
下の子の療育に行っていた時に
先生に言われたこと。

「子供は変わらないですよ」たらこ

その一言に、
なんだか憑き物が落ちたような気持ちになったことを
覚えています。

3歳近くなっても言葉が遅く、
手がつけられなくなることもよくあり、
機嫌を損ねないように子供の機嫌をとっていた頃。

療育いけば言葉がスラスラ出ると思っていたし、
話し方を教えてくれると勘違いしていました。

今思うと、
先生もこうやって声かけた方がいいですよ〜
と直球じゃなくて、
自然に声のかけ方を私たちに身につけさせて
いてくれた気がする。

「こういう声掛けがいいですよ〜」
ばかりだと
素直に聞けない時もあるし。

山?山?山?山?山?

年末には私のところに回ってくるかなあ。
読むのが楽しみです。ハート









広告を非表示にする
安城市の鍼灸マッサージたかはし マタニティ 頭痛 めまい 肩こり      お問い合わせは 090-9901-7673