ねずみのまちの音楽隊

安城市鍼灸マッサージたかはし 臨床&お灸教室&子育て主婦 の日常

陰陽論と生活リズム

東洋医学なのか、私事なのか・・。

ちゃんと東洋医学なのか、ただの言い訳なのか。


陰陽論、とは東洋医学で最も基礎となる考え方です。


季節を考えると、陰が最も極まったところが冬です。
(図では、一番上)

それから徐々に陽が増えていき、
(時計回りに見て下さい)
春になって、陽が極まって夏になります。


生活リズムを関連して考えると、
雪だるまは、早く寝てちょっとゆっくり起きる

エネルギーを温存する、というイメージの生活が
自然にあったものとされます。


はれになっていくにつれて、早く起きて
(特に夏には)午前中の少しでも涼しいうちに
ちょっと汗をかくような活動をしてダンベル?
体内の陽気を発散させる、
そんなのが理想です。


花花花花花

で、自分の話ですが、
冬の間どうしても朝早く起きれなかった。

布団が温かくて出れない、んじゃなくて、
起きれない。ぐっすり寝てる。
目覚ましに気づかない。

自己嫌悪に陥り、なんとか早く寝て早く起きようかと
頑張ってはみたものの、
早く寝ても早く起きれない。

そしたら
暖かくなってきたここ最近、早く目が覚める。
6時頃自然に。


自然にかなっていたのね・・

と納得。


ま、こんどは布団から出られないんだけど。寝る

広告を非表示にする
安城市の鍼灸マッサージたかはし マタニティ 頭痛 めまい 肩こり      お問い合わせは 090-9901-7673