読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねずみのまちの音楽隊

安城市鍼灸マッサージたかはし 臨床&お灸教室&子育て主婦 の日常

肌の乾燥

乾燥 

とだけタイトルに書きましたが、

乾燥すると張りが失われてしわへとつながります。むっ

肌のみずみずしさが失われている・・・。ということです。


環境の影響、もちろんあります。

秋や冬は空気が乾燥するので、
実感されている方も多いのではないでしょうか?

ですが、夏のエアコンを利用しているとき
も注意が必要です。


もう一つは、身体の内側からの影響。

気・・肌の張りを保つ

血・・色々な組織に潤いを与える。

肺・・体の隅々に水分を配る。

腎・・体内の水分調節に関係する。

気血の不足や、肺腎の働きの低下
大きく関わっているといえます。


横にそれますが、

気血水は体内に存在するもの
肝心脾肺腎は、気血水を作り出したり
量や流れを調節したりするもの

ととらえて下さい。



血虚

肺や腎の働きが低下すると、この状態になる事が多い。

こんな症状が見られます。

顔色が白っぽくてつやがない。
髪がぱさつく。
手足が冷える
目が疲れやすい
月経血の量が少ない


血を補う食材・・ドライフルーツ、ナッツ類
ツボ・・・・・・三陰交

目を酷使すると血を消耗します。
パソコンやスマホはほどほどに。



気虚

肺・腎の働きが低下すると、気がうまく作られなくなります。

肌にハリがない
疲れやすい
食欲があまりない
風邪を引きやすい

気を補う食材・・米 豚肉 サツマイモなど
脂っこいもの、甘すぎるもの、消化の良くないものは
控えて下さい。
睡眠、深呼吸、食事をきちんと。
ツボ・・・・足三里 気海


花花花


血虚、気虚 ともに肺と腎の低下が大きく関係すると書きました。

じゃ、どうして肺と腎の働きが低下しちゃったのか?


は悲しみという感情と関係があります。
悲しみの度合いが強かったり、
長くその感情が続いてしまった場合、肺の力に栄養します。

悲しいと、胸を張って呼吸しないですよね、
うつむき加減になってしまい、
いい呼吸ができない。

あとはタバコ。

乾燥した空気。

大腸系のトラブル、辛いものの取り過ぎ。

そんなことが、「肺」に関係してきます。


は、恐という感情と関係があります。
恐ってお化け屋敷系しか思いつかなかったけど、
他にプレッシャーとか緊張感  とかかな。

疲れ、寝不足もダメです。


花花花



陰虚

体の中の水分自体が少なくなっていて、
身体のすみずみまで水分が行き渡っていない状態です。

じゃあ、水分をとればいいのね・・
というわけでなく、
水分をとったところで、
隅々まで行き渡らせる力があるのかどうか・・。

温かいお茶、白湯など飲んで、
身体を温める食べ物を取り
ゆっくりお風呂に浸かる。

ツボ・・太谿


たらこたらこたらこ

肌は外気に触れているため、
体の中の水分が少ない、という状態が
外に現れやすいのです。

乾燥・しわは内臓の不調が表れているんだ!と考えてください。

女性はしっかり顔を毎日見ていると思うので、
お肌の状態をみることは
身体の調子を読み取る術にしていただけると
いいと思います。

広告を非表示にする
安城市の鍼灸マッサージたかはし マタニティ 美容鍼 痛みと動きに お問い合わせは 090-9901-7673